視力アップのためのアドバイス

視力アップは諦めず、しかし基本は予防

視力アップ

一旦落ちた視力を回復させる方法、視力アップのための健康器具やあるいは手術など、色々と広告などでみるようになりました。医学の進歩の賜物であり、視力低下を昔のように諦めなくても済むようになり、それは素晴らしいことだと思います。

 

しかし、実際のところ、現状の視力アップ方法は「リスクはほとんど無いが、効果はあまり見込めない」と「効果は見込める可能性があるが、リスクが大きい」の二種類にわかれているように思えます。結局、視力は落とさないことが鉄則であり、視力回復より視力低下予防が基本という図式はあまり変わっていないように思えます。

 

 

そもそも視力ダウンのメカニズムから言っても、一度下がった視力を戻すのは難しいものです。視力低下とはレンズの調整力が衰えることが基本になっており、レンズをうまい具合に外から調節するのは、やはり難しいのです。視力アップの手術ではこのレンズにメスを入れるものがありますが、やはりリスクが高いようです。

 

もう少し医学の進歩を待てば、あるいは完全に回復できるようになるかもしれません。しかし現在では、そうなっていないのは純然たる事実です。視力をほぼ失いかけた人が最後にすがる手段ができたことは素直に歓迎したいですが、やはり視力低下予防を怠ってはいけません。


アイ・サプリメントで視力アップ

サプリメント

視力アップのための方法は様々なものがありますが、そのひとつにサプリメントの服用があります。目は様々な栄養素を必要としており、またデリケートな器官故に栄養が十分必要な部位でもあります。目に効くと謳われる特徴的な栄養素もたくさんありますね。

 

まず代表的なものはビタミンAです。これはまず目の粘膜の保湿と保護に大変役立ちます。子供の頃、目が赤くなったりした経験はありませんか?

 

結膜炎がプールでうつったなどちう経験がある人もいるでしょう。これら目で雑菌が繁殖する現象は基本的にビタミンAによって予防、あるいは軽減できます。また暗所での適応能力を高める効果もあり、不足すると夜盲症になることは有名な話ですね。

 

次にブルーベリーなどに含まれるアントシアニン。これが目に良いとブルーベリーは有名になりました。今では目に効く健康食品の代表格です。アントシアニンはフラボノイドの一種であり、抗酸化物質です。目を含む体の酸化を防ぎ、活性酸素から体を守ってくれます。
(参考:http://xn--pbk059rc1a.com/

 

少し注意が必要なのは、アントシアニンの含有量は同じベリー系果実でも大きく異なり、ブルーベリーが大きく取り上げられていますが、実際には北欧産の野生種である「ビルベリー」が特に多いのです。サプリメントであればビルベリーを原料にしているものがほとんどですが、生のものを買い求める時は注意が必要です。